腸が塞がる病気とは

症状と原因の特徴について

通常食事をして体内に摂取した食べ物は、胃・小腸・大腸を通って消化・吸収された後、肛門から便として排出されます。しかし、腸閉塞になると摂取した食べ物が小腸や大腸に滞ってしまいます。腸閉塞は、腹痛・嘔吐を伴う病気で、腸が拡張することでお腹が張って痛くなったり、肛門の方へ進めなくなった内容物が口の方へ逆流して吐き気を催したりします。 腸閉塞になる原因の90パーセントを占めるのが、腸と腸・腸と他の臓器との癒着です。これは、大腸がんや子宮筋腫などで開腹手術をした時に起こることがあります。そのため、開腹手術を受けたことがある人は、術後に腸閉塞になる可能性が高いので注意が必要です。その他の原因としては、精神疾患治療薬や鎮痛剤の副作用・精神的なストレス・消化の悪い食べ物の過剰摂取などがあります。

防止に役立つ食事とは

腸閉塞は食事で予防出来ることがあります。効果的な方法としては、腸内環境を整える事が大切です。腸内環境が整っている状態とは、簡単に言えば腸内にある善玉菌の量が悪玉菌の量を上回っている状態のことです。そのため、腸閉塞の予防に役立つ食事としては、乳酸菌を積極的に摂取することです。 乳酸菌が多く含まれている食べ物は、牛乳・ヨーグルト・チーズなどの乳製品や豆腐・納豆などの大豆製品、ぬか漬けや味噌などの発酵食品です。これらを意識して食べる必要がありますが、難しい場合は乳酸菌サプリメントで、手軽に体内に乳酸菌を摂取することが出来ます。腸内環境を改善するには、1日当たり1000億個の乳酸菌が配合されているサプリメントを選ぶのが良いです。

お腹の病気

ストレス社会ともありますようにストレスが引き起こす症状は多くあります。その一つとしてあるのが腸閉塞などがあります。この腸閉塞の症状には原因やなるまでの流れが存在しますので、把握しておく必要があるでしょう。

詳細を確認する...